まだ初心者と思いながらも国内企業の株を取引することに慣れてくると、今度は外国株に興味を持つようになってきます。
しかし難しいイメージがあり、よくわからない物には手を出さないという儲けのルールを守るあまりに始められない人を多く見かけます。

ではなぜ外国株は難しいと思われているのでしょうか?その理由は大きく分けて二つあります。
一つは、自分の住んでいる国ではないことです。
日本に住んでいる以上、情報を日本語で得ることが簡単にできますし、ニュースを見ること以外にも景気の良さや企業の成長具合などを肌で感じる事ができます。
この飲食チェーンは最近すごく流行っているとか、国内でこんな問題が生じているからこれからはこの業界が伸びるなど、日本であるからこそわかることがあります。

しかし外国株では日本語で情報を得ることが難しく、日本に入ってくる情報だけで銘柄の業績判断をすることが容易ではありません。
例えば海外の有力企業をどれだけ知っているでしょうか?日本でもチェーンを多数展開している米国の企業などであればわかるでしょうが、日本に店舗が無い会社については一般人はあまりにも無知です。
外国株で利益を上げるには、ここから勉強しなくてはなりません。現地の人なら誰でも知っているような企業でも私たちは知らないのです。

次に、為替リスクがあります。
外国株を購入するには、その国の通貨が必要になります。
利益を確定させるには当然のように日本円に戻す必要があり、その時点で円高になっていれば為替差損が発生します。
近年はアメリカドルの値段が上がっていますが、変動相場制の導入以降、長期的にはずっと円高が継続してきました。
つまり株が上がっても日本円に戻すときに損をする状態が続いてきたわけで、これが日本人の考えの根底にあります。
損をしやすいというイメージが出来上がっているのです。

しかしそれらを理由に諦めてしまうのは勿体ないことです。世界には巨大な企業や経済発展をしている国がいくつもあります。
魅力ある銘柄も多数存在しますので、初心者の方も積極的に外国株に投資をしてほしいものです。

初心者はまず米国株がオススメ!

どこの国の株を買おうか?と思う方は、まずは米国株からチャレンジしてみましょう。
先に述べた通り、海外の中でも米国は最も身近な国であり、世界のどの国よりも情報を手に入れやすい外国ということができます。
米国企業であれば名前を知っている人も多いのではないでしょうか?

また、米国株は為替の面でも有利に取引ができます。
日本円を現地の通貨に両替する際、スプレッドと言われる手数料が発生しますが、アメリカドルは他通貨と比較して安く抑えられています。
利益の目減りが少なくなりますし、アメリカドルは他通貨に比べてそれほど大きな値動きをしません。
時期によっては半分の価格になる通貨も珍しくない中で、価値が安定しています。
1ドル110円程度であれば今後価格が倍になることも半分になることも考えにくいのが実情です。

ネット証券で取引をしている方は、すぐにでも外国株取引用の口座を開設することができます。
早ければ思い立ったその日にでも個別企業の株式を購入できるでしょう。口座を作ること自体には手数料もかかりません。

米国株自体の長期的な値動きについて見てみますと、ダウ平均株価は上昇し続けています。
日経平均がやっと2万円を超えたものの、バブル期の値にはまだまだ届かない中で、ダウ平均株価を80年代後半と比較すると10倍近くになっています。
但し1ドルの価格が半分以下になっているので資産10倍とまではいきませんが、大きな利益が出やすい状況であったことは明らかでしょう。

日経平均が上昇している中で、しばらく国内の株は買えないなと思っている方、これを機に余剰資金を外国株購入にシフトさせてみませんか?日本に比べて海外が投資が盛んである理由がわかりますよ。